shutterstock_298501922-copy

近年、遺伝子調査の普及が急速に発展している中、親のどの部分が子供に似るのか、
その逆もまた気になったことはありませんか?

本当に子供の学力は父親?母親?から遺伝するか、気になったことはありますか?
今回は、多方面の学者が研究する子供の学力は遺伝するかを簡単にまとめたものとなります。

※また、初めに言っておきます。学力だけが全てではありません。人それぞれに個性があり様々な才能があるのです。

子供の学力は父親ではなく、母親から遺伝する

images

子供の学力は、父親ではなく母親から遺伝するというのは、事実なのかと学者の研究を調べたところ、子供のIQを約1万2千人以上調査した結果、子供のIQは母親のIQに似ているということが実験から判明した。
※アメリカのハフィントンポストから情報

原因は、染色体の構造上、X染色体の中に学力(知能)に関する遺伝子が入っていて、
この遺伝子が、母親から来た遺伝子にだけ発現し父親から来た遺伝子には発現しないということが分かったからです。
また、男性に関しては、XYのX染色体は母親から受けるため、学力の染色体である、
X染色体は、母親の知性が強く影響すると考えられています。

子供の学力の成績に関して下記のような相関図があることも言われています。
※諸説あり

学力 父親 母親
1位 頭が良い 頭が良い
2位 頭が悪い 頭が良い
3位 頭が良い 頭が悪い
4位 頭が悪い 頭が悪い

学力に大切な記憶力も遺伝子?生活環境?に大きく相関関係があるのか

bambino-scuola
子供の学力に大切な記憶力も、両親の影響を強く受けていると既に学術として発表されているのです。
心理学によると、記憶力は「何かを覚えようという」モチベーションが強く記憶力に影響してきます。
例えば、あなたが男性だとします。道で出合ったおじさんの名前と、街で出合った美人の女性名前、
もし覚えるとするなら、女性の名前を覚えようとしますよね。そして、自然と覚えられているはずです。
そうですね。記憶力はモチベーションが大きく左右しています。

昨今では、インターネットですぐに物を検索してしまうので、そういった人の子供は記憶力が育ちません。
子供が記憶を好む時期、8~9歳の時期に親がインターネットですぐに物事を検索してしまうと
子供は快感情を知らずに育ち記憶力が伸びにくいといわれています。
では、どうしたら子供の記憶力を育てられるでしょうか。
簡単です。トランプで神経衰弱やクロスワードパズルをして一緒に遊べばよいと言われています。
一緒に楽しく遊ぶことによって、記憶をすることが楽しいというモチベーションをも持たせることができます。

記憶力を伸ばすことによって、学力のある遺伝子を残すことが出来ます。
※諸説によると、7歳までに伸ばしたIQは、落ちないといわれています。

オリンピック選手の遺伝子要素は大きい?

shutterstock_298501922-copy
少し話は逸れてしまいますが、オリピック選手になると遺伝子レベルも大きく関わってきます。
短距離選手にはスプリンター遺伝子というものが備わっているといわれています。
この遺伝子は、やはり、日本人には少なく、中南米やアフリカの人が多いといわれています。
超一流のアスリートは、家庭環境が良いというのも多く言われていますね。。

スポーツの世界においてもやはり、遺伝子は関係しているのだと言えるでしょう。

では、私たちの子供はなんの才能があるのでしょうか。多くのメディアで紹介されたこちらより、分析してみてはいかがでしょう。

遺伝子が学力に与える影響するのは約60%と言われている?

face-brothers

イギリスのキングス・カレッジ・オブ・ロンドンが2013年に約1万人を集め行った調査によると、中学校の学力成績に対する遺伝子の影響度合は全体の約60%で、育った環境が(約30%)の2倍という、驚くべき結果が述べられた。残り10%は個人の個性によるものである。

また、学誌の中の『Nature』によって述べられた論文の中には、約30万人の欧州人を対象に大規模なゲノム解析が行われました。
930万箇所の遺伝的変異を調べた結果、74箇所の遺伝的変異について学業達成度との相関が見られたと報告されています。
この研究で調べた学業達成度とは、教育を受けた年数のことで、大学や大学院などに進んだ人ほど数値が高くなります。
74個の「学業遺伝子」は、頭蓋容量(脳の大きさに似た値)、認知機能、双極性障害、アルツハイマー病、神経症傾向などと遺伝的な関連があり、現在も調査は進められているそうです。

この通り、早い段階で人間のIQが決まるといわれている中、中学生の段階で子供の学力に与える遺伝子の影響度合いは大きいものと言えます。

まとめ~子供の学力(遺伝子)は本当に子供に影響されるのか

shutterstock_302314700a

本サイトでは、テレビや雑誌の情報をもとに、子供の学力は親の遺伝子に本当に影響があるのかを調べました。
諸説はいろいろあり、現状では多くの学者が子供の学力(能力)は母親の遺伝子の影響が大きいと、論じることが多くありました。
学者が言うには、遺伝子レベルで子供それぞれに対して、いろいろな才能を秘めているといわれています。

最近では、「ニュースZERO」や「とくダネ!」「NHKスペシャル」でも紹介された、
GIQ子ども能力遺伝子検査というものが話題になっていますね。

実際に、多数のメディアにも紹介されており、有名人なども多く利用していることから、
人気のサービスとなっており、わが子の今後になんとなくでも、とてもでも興味がある人は試してみると良いかと思います。